思い出が残る大切な服に「穴」が…あきらめないで下さい!「熟練した職人」があなたの服を再生させます!!

独り言

昨年末に受注頂いた仕事を、先日無事に納品できました。

スーツの裏地のような極細の化繊でかなり手間がかかるので、

正月明けから少しずつ進めて。
年末からずっと気になってのでやっと年明けした感じです。

素材が素材だけにきれいな仕上がりは見込めなかったので、
当初お断りするつもりでいたんですが。。。
納品後、お客様に喜んで頂けたようでご丁寧にご連絡を頂きました。
それはそれでホッとしたんですけども。

しかし今回の仕事はお客様から、どうしても!という押しの言葉が無かったら多分やってなかったです。
自分の自信の無いところというか、足りないところが出てしまいました。過去にもあったんですよね、こういうの。

かけつぎって技術追及して穴塞いで納めるだけが仕事ではないんで色々難しいです。


そんなこんなしてたらで1月がもう終わる。。。

ページトップへ