思い出が残る大切な服に「穴」が…あきらめないで下さい!「熟練した職人」があなたの服を再生させます!!

仕上がり具合の説明〜伝える難しさ 

ご依頼を受ける際、作業の次に気を使うのが仕上がり具合の説明です。

かけつぎ修理は、残念ですがきれいに直らない生地もあります。
お客様はその服に大なり小なり想い入れがあってご依頼頂くわけで、私としてはやはり喜んで受け取って頂きたいです。
中には穴が塞がれば良いよ!って方から、新品みたいに直らないと死んじゃう!って方もみえます。
そこはお客様個人個人の感覚・価値観にもよるので、ちょっとでも仕上がりが目立つ可能性がある場合は、
多少大げさにお伝えしております。


特にかけつぎ修理が初めてのお客様は、その仕上がりが基準になるのでそこはシビアにお伝えします。
かけつぎってこんなもんか・・・って思われたらこの業種自体が廃れ兼ねないですから。


店頭には過去にあった仕上がりが目立った事例写真などありますので、
お気軽にお問い合わせくださいね!遠方の方はメール添付も可能ですよー!

匠かけつぎ専門店 NAGATA


ページトップへ